Q&A

Q. エンジェルバンクとは、どんな団体ですか

A. 特定非営利活動法人(NPO法人)として活動しています。東京都から認証され、    毎年監査を受けている団体です。東京都および内閣府のNPO法人ポータルサイ   トに掲載されていますのでご確認下さい。

Q. エンジェルバンクを選ぶ理由を教えて下さい。

A. 以下のような理由で選ばれています。
 1、実績豊富な海外医療機関と提携し、日本語での質の高い医療サービスを行っ    ています。
 2、国内医療機関の協力で、事前の検診、ドクターの診察、胚移植前の処置、投     薬、カウンセリングを行えます。
 3、日本国内での事前カウンセリング、海外でのきめ細かいサポート体制を整えて    います。
 4、海外の医師・サポートスタッフが連携し、国内での治療と同等な日本語による     医療が受診できます。
 5、ご希望に沿った適切な治療の提案と適正な料金を提示しています。
 6、不妊治療プログラムを始めて、5年目を迎え、数十組のご夫婦を支援した実績     があります。
 7、
個人情報に関する法令や規範を尊守し、情報の保護に万全を尽くしています。

Q. 海外でのサポート体制を教えて下さい。

A. 現地空港へのお出迎えからお見送りまでを、現地日本人スタッフが担当致します。  現地では、ホテル・クリニックへの送迎、治療中の付き添い・通訳、空き時間での   ショッピングや市内観光のご案内も致します。

Q. 卵子提供プログラムの費用を教えて下さい。

A. 標準的な総額(コンサルティング料、パッケージ料、医療費)で¥310万円になり   ます。年齢や状態などの条件によって変わってきますので、目安とお考え下さい。  この金額には、渡航費(飛行機代、ホテル代等)、税は含まれません。

Q. 代理母出産プログラムの費用を教えて下さい。

A. 標準的な総額(コンサルティング料、パッケージ料、医療費)で¥650万円になり   ます。条件によって変わってきますので、目安とお考え下さい。この金額には、    渡航費(飛行機代、ホテル代等)、税は含まれません。

Q. 着床前診断の費用を教えて下さい。

A. 30万円前後になります。 できた胚盤胞の数によって料金は変わります。受精   卵(胚)の着床率を上げ、流産を減らすために、卵子提供プログラムでは併用を    推奨しています。(この金額は卵子提供プログラムのオプションの場合です)

Q. 卵子提供プログラムにはどのくらいの期間が必要ですか

A. 契約後、ドナーの検査・スケジュール調整に2~3か月、採卵・受精・着床前診断   そして胚移植までに2~3か月、プログラム終了までで6か月ほどです。ただしケ    ースバイケースですので、これは大まかな期間とお考え下さい。

Q. 卵子提供プログラムでの現地訪問は、何回そして何日間必要ですか。 

A. 初回(診察・採精)の滞在は、ご夫婦で1泊2日。2度目(胚移植)の滞在は、奥様   お一人で4泊5日必要です。

Q. 日本の病院に凍結胚を預けてありますが、海外に移送しての代理母出産はでき   ますか

A. 問題ありません。バイオメディカル専門の国際輸送業者を手配し移送します。

Q. 卵子ドナーバンクには何名の方が登録していますか 

A. 現在、200名ぐらいの方が登録しています。