ドナーボランティア

ボランティアのお願い

こんにちは、理事長の松本です。
日本では6組に1組のご夫婦が不妊で悩まれており、今後その傾向はますます進んでいくと思われます。先の見えない不妊治療を、長期間続けられているご夫婦が大勢いるのも事実です。原因の一つに、病気や高齢などにより、ご自身の卵子では妊娠できない事にあります。そこで卵子提供プログラムという高度不妊治療を使って、ご夫婦が「新しい家族を持つ」という夢の実現に、ご協力頂けないでしょうか。
よろしくお願い申し上げます。 

卵子提供プログラムとは

病気や高齢で卵子を作ることができないまたは他の理由で卵子提供を必要としているご夫婦に、ドナーボランティア(卵子提供者)より卵子を提供し、ラボ内で体外受精させ、受精させた胚をレシピエント(卵子受領者)の子宮に移植し、妊娠を試みる最先端の不妊治療です。 

安全管理

卵子ドナーには、体外受精プロセスの中で採卵の部分を、ご夫婦の女性に代わり受けて頂きます。採卵に至るまでは、排卵を誘発させる為の薬剤が投与され、採卵時には、静脈麻酔を使用するなどの医療行為を行います。個人差はありますが、薬剤の投与で一時的に気分がすぐれないなどの副作用がある場合もあります。日本国内での事前検査や現地担当医師の事前説明、診察、問診等、安全には万全の処置がとられますのでご安心下さい。

応募条件

5e0b5c52cbdbea892f5e57aa2523d7b1_s.jpg

以下の条件をすべて満たしている事

 1日本国籍で短期間(1~3週間)の海外滞在が可能な方
 220~32歳ぐらいまでの健康な方
 3喫煙されない方
 4性病を含む感染症や遺伝疾患を持たない方
 5責任感の強い方
 

 ・書類による事前審査・面接をさせて頂き、ボランティアの登録をして頂きます。
 ・実際の提供過程までに、数回の検査を受診して頂きます。
 ・過去に妊娠・出産された方は歓迎いたします。

ボランティアの内容

1、ドナーボランティアの面談そして登録
2、登録後の待期期間(1~3か月)
3、国内での検診および排卵期間の調整
4、排卵誘発のための薬剤の投与(国内または海外)
5、排卵期間に合わせて海外へ渡航(現地での滞在は1~3週間)
6、現地クリニックにて検診、担当医による事前説明・問診
7、卵子の成長に合わせ採卵
8、体調の回復を待って、担当医の診察
9、帰国

*海外滞在中は、数回の通院以外は自由時間になります。観光やショッピングをお楽しみ下さい。なお現地では、日本人スタッフがサポートしますのでご安心下さい。

ボランティアへの謝礼

ドナーには、謝礼(40万円~)が支払われます。この謝礼は、ボランティアに参加頂いた時間や労力への協力金という意味と、依頼されたご夫婦からの感謝の気持ちです。また謝礼のほかに、ボランティアに必要な海外渡航代、宿泊費、交通費、傷害保険等の諸経費は別途お支払い致しますので、個人での負担は全くございません。

ボランティア参加者の声
605099.jpg手紙に感激
卵子ドナーボランティアに参加した1年後、エンジェルバンクさんから、卵子を提供させて頂いたご夫婦からお子様が誕生したとの感謝の手紙を頂き、本当に感激しました。ボランティアへ参加でき、お役に立てて大変良かったです。

1016902.jpg海外でのボランティア
2週間の海外でのボランティアを経験でき、有意義な夏休みを過ごすことができました。日本を発つ前は不安が大きかったですが、現地のエージェントの方に大変お世話になり、毎日を楽しく過ごすことができました。ありがとうございました。

ボランティアへの応募

お問い合わせのページより、「ドナーボランティアへの応募」とお書き頂き、メールをお送り下さい。

 なお、携帯やスマホでお問い合わせ頂く場合は、info@angelbk.org の受信設定を必ずお願いします。受信設定をしていない場合、返信メールが届かない場合がありますので、ご注意下さい。

ご応募お待ちしております。